法学部長からのご挨拶
法学部長 山本 敬三

はじめに

 京都大学法学部の歴史は、明治32(1899)年の京都帝国大学法科大学の開設にさかのぼります。それ以来、本法学部は、日本の法学・政治学研究の中心として、学問の発展に大きな貢献をし、多くの人材を輩出してきました。卒業生・修了生は、学界、政界、官界、経済界、法曹界、国際機関やジャーナリズムの世界など、多岐にわたる分野で指導的な役割を果たし、日本社会、さらに国際社会で活躍してきました。

自由の学風と自学自習の精神

    
   

 このように、本法学部がさまざまな分野で指導的な役割を果たす優れた人材を生み出してきた背景には、京都大学の自由の学風があります。私たちの先達は、外部からの不当な圧力に抗して、大きな犠牲を払いながら、学問の自由を守り抜いてきたという重い歴史があります。教員と学生が分けへだてなく自由に討議を重ねるなかで、それぞれの思考を磨き、真理に迫ろうとする姿勢こそ、本法学部がもっとも大事なものとして受け継いできたものです。
 こうした自由の学風のかなめをなすのは、自学自習の精神です。これは、「自分がわからない問題に直面しても、自分で調べて考え、わかるようになる」、「自分ができない課題に直面しても、自分で考えて工夫し、課題を克服できるようになる」ことを目ざすものです。目標を自ら設定し、それを達成するためには、何をどうすればよいか自ら考え抜く。これこそが、社会において指導的な役割を果たすために不可欠の能力です。私たちが目ざすのは、まさにこのような能力をつちかうことです。

  

法学を学ぶことの意味

    
   

 法学部で学ぶのは、法律の表面的な知識ではありません。法はなぜ、何のためにあるか。法を作り、使うためにはどうすればよいか。法によって何ができ、何ができないか。そうした法の意味と目的、法の形成と解釈・適用の方法、そして法の可能性と限界を学ぶ。それが、大学における法学教育が目ざすところです。
 法は、もともと、人々が共同生活を営むために築き上げてきたルールです。そのような法の成り立ちと仕組み、その前提と限界を修得することができれば、裁判官や検察官、弁護士といった狭い意味での法律家にかぎらず、社会のどのような分野であれ、その担い手として活躍していくための土台が築かれることになるでしょう。

法学部における教育

    
   

 本法学部では、法学・政治学に関するたくさんの専門科目の講義を提供しています。そこで特に重視しているのは、法学・政治学の知識を原理・原則から体系づけて理解することにより、複雑で難しい問題、さらに未知の問題についても考えていくための道筋をつけることです。それぞれの科目の単位認定にあたって、原則として長文の論述を課しているのも、そのような能力が身に付いていることを確かめるためです。
 また、本法学部では、基礎的な専門科目を学んだ後の3回生・4回生に対して、少人数の演習科目(ゼミ)を提供しています。これは、課題についてみずから探究を行い、その成果の報告に基づいて自由な討議を行うもので、自学自習の精神を養うための科目として、私たちが開学の当初から特に重視してきたものです。さらに、最近では、1回生から「法学部基礎演習」という科目を提供し、学生たちが自学自習の精神を体得するための手ほどきをしています。

皆様へのメッセージ

    
   

 本法学部には、現在、教授が51名、准教授が16名、さらに主として法科大学院の教育にあたる実務家教員が4名、在籍しています。法学・政治学の多様な分野をカバーし、日本の法学・政治学研究をリードする陣容であると自負しています。今後も、法学・政治学の教育および研究の中心として、日本社会および国際社会に貢献していきたいと考えています。
 志のある方々が本法学部に集い、法学・政治学の発展に寄与し、有為の人材として日本社会および国際社会において活躍していただくことを願っています。