京都大学法学部の在学生・卒業生の保護者からなる親睦団体。

世話人会より

2022年8月30日 「法友会会報93号」発行報告

日頃は法友会の活動にご理解ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
本年度の懇談会も残念ながら中止となり、学部長先生およびご講演予定の先生方には、ご挨拶ならびに講演内容を会報にご寄稿いただきました。例年通り先生方の随想や懇談会で使用予定であった資料なども含め編集しております。
会員の皆様に「法友会会報第93号」を発送いたしましたので、ご覧いただき、ご活用いただきたいと存じます。万一、ご住所の変更などでお手元に届かない場合は、法友会事務連絡先までお知らせください。

2022年4月11日 新入生の保護者の皆様へ

京都大学法学部へのご入学おめでとうございます。

令和4年度京都大学入学式並びに法学部入学式が4月7日に執り行われました。
本年度も式典への参加は新入生のみとなりました。ご出席できなかった保護者の方々へは法学部教職員の皆様のご厚意により、法学部入学式の様子を撮影、提供していただきました。写真の掲載にご協力いただきました教職員の皆様には御礼申し上げます。

入会案内でも記載致しましたが、法友会は法学部の保護者会でございます。
法友会では、学校生活に関わる情報を会員の皆様へ提供する活動をしております。本年度も総会は見送りになりましたが、会報誌も発行しております。詳細はお手元の入会案内を、今一度ご覧下さいますようお願い申し上げます。
皆様のご入会をお待ちしております。

2022年3月10日 令和4年度総会・懇談会の取りやめのお知らせ

令和4年度京都大学入学式並びに法学部入学式は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため学生のみの参加となりました。これに伴い、誠に遺憾ながら法友会総会・懇談会も当日の開催をとりやめることといたしました。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
なお、新型コロナウイルス収束後は、従前の形での総会懇談会の開催に向け活動する予定です。また、会報誌については例年通り9月頃に皆様のお手元にお届けする予定です。


新入生保護者の皆様へ
ご入学おめでとうございます。 本年も新型コロナ対策のため、入学式は学生のみの出席となっております。昨年同様、本会ウェブページで学部入学式の様子の写真を掲載する予定です。 法友会は法学部関連情報を会員の皆様へお届けする活動を行っております。 詳細はお手元の入会案内を、ご高覧下さいますようお願い申し上げます。

2021年8月30日 「法友会会報92号」発行報告

日頃は法友会の活動にご理解ご協力を賜り、誠にありがとうございます。本年度も昨年同様に懇談会中止のため、学部長先生および講演予定の先生方からは寄稿の形での会報誌となりました。例年通り先生方の随想や懇談会で使用予定であった資料なども含め編集しております。会員の皆様に発送いたしましたので、万一ご住所の変更などでお手元に届かない場合は、法友会事務連絡先までお知らせください。

2021年4月15日 新入生の保護者の皆様へ

京都大学法学部へのご入学おめでとうございます。

今年は学生のみですが大学入学式に続き学部入学式も行われました。ご出席できなかった保護者の方々へは法学部教職員の皆様のご厚意により本年度の学部入学式の様子を撮影、掲載していただきました。
写真を提供、掲載して下さいました教職員の皆様には御礼申し上げます。

入会案内でも記載致しましたが、法友会は法学部の保護者会でございます。
法友会では、学校生活に関わる情報を会員の皆様へ提供する活動をしております。本年度も総会は見送りになりましたが、会報誌も発行しております。
詳細はお手元の入会案内を、今一度ご覧下さいますようお願い申し上げます。
皆様のご入会をお待ちしております。

 

2021年3月17日 令和3年度総会・懇談会取りやめのお知らせ

令和3年度京都大学入学式並びに法学部入学式は、学生のみの参加となりました。誠に遺憾ながら法友会総会・懇談会も当日の開催を取りやめとさせていただきます。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。開催の代替措置等に関しては、本ウェブページに掲載いたしますので、ご確認ください。
なお、会報誌については、例年どおり9月頃に皆様のお手元にお届けする予定です。

2020年3月25日 令和2年度総会・懇談会取りやめのお知らせ

令和2年度京都大学入学式並びに法学部入学式の中止に伴い、誠に遺憾ながら法友会総会・懇談会も当日の開催を取りやめとさせていただきます。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。開催の代替措置等に関しては、本ウェブページに掲載いたしますので、ご確認ください。
なお、会報誌については、例年どおり9月頃に皆様のお手元にお届けする予定です。

入会案内はこちら

京都大学法学部法友会とは

京都大学法学部には、法学部在学生、卒業生の保護者のための組織である法学部法友会(旧法学部父兄懇談会)がございます。これは、昭和27年(1952年)、当時の在学生の保護者有志の熱意により、法学部教授のご賛同を得て、「教官一同と父兄とが膝を交えて、学生の教育・体育・健康その他万般の学生生活を中心に隔意のない意見の交換の機会を持ちたい」との趣旨のもとに設立されました。以来60年以上の永きにわたり、毎年懇談会を開催し、その都度懇談会の模様を報ずる『法友会(父兄懇談会)会報』を発行して、会員の皆さまへの情報提供に努めてまいりました。

法友会沿革

発足 昭和27年12月第一回懇談会が開催される。当初は京都大学法学部卒業の保護者を中心とした数十名の集まりであった。 それが法学部の保護者全体の会となる経緯について、発起人の一人であった永田圭一氏は次のように述べている。 「今日、此処で(第一回懇談会)先生方のお話を聞き、又皆で話し合った近頃の学生の勉学、研究、健康管理の問題、 学生運動の実情、奨学金制度、高等試験の模様、就職状況、等我々の学生時代と格段の相違のあるいろいろな事情を知った 此の有意義な会合を、広く全父兄にも頒ち、遠隔地で出席されない方には、会合の模様を印刷物にして知らしてあげる、 ということにしては、という話になり、出席の教授方の賛成を得て、第二回懇談会から全父兄に呼びかけることにしました。」 ―会報誌44号特別号より抜粋
父兄懇談会の頃 設立当初は、のちに総長になられた瀧川幸辰先生、その後は、最高裁判事にもなられた奥田昌道先生も熱心に関わって いただくなど、歴代の法学部の先生方のお力添えをいただきながら、会員数も1000名を突破、多くの保護者の皆さまの支持を得る。
父兄懇談会から法友会へ 昭和60年(1985年)男女雇用機会均等法施行を翌年に控え、いつまでも「父兄」という名称を使うのはどうかという意見も 聞かれるようになり、総会にて世話人が問題提起。名称変更とともに、会のあり方についても活発な議論があった。 そして平成11年(1990年)、法学部創立100周年を機に、名称を変更、法友会となる。
法友会創立50周年 平成14年(2002年)、創立50周年に当たり、法友会創立50周年記念講演会を開催。 ちょうどこのころ司法制度全体の改革と法科大学院(ロースクール)の問題が現実化しようとする大きな変革期にあり、 「法科大学院設置をめぐる現状と課題」をテーマに田中成明先生による講演のあと質疑応答を行う。 その後、特別講演の内容も含め「法友会創立50周年記念特集号」を発行。

PAGE TOP