京都大学法学部・法学研究科における政治学分野は、長年にわたり日本の政治学の研究・教育の中心を担ってきました。現在の政治学系の教員の顔ぶれも、政治学の様々な領域をカバーする、いわばフルラインアップの構成となっています。政治をめぐる思想や哲学を探究する領域、これまでの日本や各国の政治の歩みを解明する領域、変貌著しい現在政治を分析しようとする領域、国際関係における各国の対立と協調を描き出そうとする領域、これらの各領域を担当する複数の教員が顔を揃えています。私たち政治学系の教員は、学生の皆さんが、講義やゼミを通じて、政治思想、政治史、比較政治・政治過程論などの現代政治分析、そして国際政治のそれぞれの専門を深く探求していくことを希望しています。さらに、それら全体を通じて、政治という営みについての広く深い知識や、それを見る視点を修得し、今後の日本、さらには世界における公的部門を支える人材に育ってくれることを期待しています。

政治学/政治学曽我 謙悟

教員メッセージの一覧へ

PAGE TOP