非常勤講師

勝田 卓也

KATSUTA, Takuya

LAST UPDATE : 2021.06.14

本務

大阪市立大学大学院法学研究科教授

主要研究テーマ

アメリカの陪審制度、司法制度、憲法史

学歴・学位

1993年3月
早稲田大学法学部卒業
1996年3月
早稲田大学大学院法学研究科修士課程修了(修士(法学))
2002年3月
早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学

職歴

1997年4月~2000年3月
早稲田大学法学部助手
1999年8月~2001年8月
ヴァージニア大学ロースクール客員研究員
2002年4月~2007年3月
大阪市立大学大学院法学研究科助教授
2007年4月~2012年3月
大阪市立大学大学院法学研究科准教授
2012年4月~現在
大阪市立大学大学院法学研究科教授
2017年4月~2019年3月
大阪市立大学大学院法学研究科研究科長・法学部長

主要研究業績

著書

2011年
  • 『アメリカ南部の法と連邦最高裁』1-300頁(有斐閣、2011)

論文

2010年
  • Takuya Katsuta, Japan’s Rejection of the American Criminal Jury, 58 American Journal of Comparative Law 497-524 (2010)
2011年
  • Takuya Katsuta, Brown and Roper: The American South and the Supreme Court, 27 Connecticut Journal of International Law 119-164 (2011)
2013年
  • 「マーベリ判決の神話」法學新報 119巻9・10号(長内了先生古稀記念論文集)149-199頁(2013)
2016年
  • 「起訴されない警官:大陪審への関心」[2015-2]アメリカ法304-314頁(2016)
2017年
  • 「最高裁は創造説を排除できるのか?」大沢秀介・大林啓吾(編)『アメリカ憲法と公教育』3-39頁(成文堂、2017)
2020年
  • 「裁判員制度と殺人罪・死刑判決:日米刑事司法比較研究の試み(1~2・完)」法学雑誌66巻1・2号323-362頁(2020)、66巻3・4号763-802頁(2020)
  • 「暴力と反動のアメリカ法」現代思想48巻13号285-291頁(2020年10月臨時増刊号)

このウィンドウを閉じる

PAGE TOP