非常勤講師

伊藤 哲哉

ITOH, Tetsuya

LAST UPDATE : 2018.06.27

本務

弁護士(アンダーソン・毛利・友常法律事務所)。クロスボーダー案件を含む各種金融法務及び企業法務。

学歴・学位

1991年
東京大学法学部卒業(法学士)
1997年
University of Washington卒業(LLM)

職歴

1993年
弁護士登録(第二東京弁護士会)アンダーソン・毛利法律事務所(現 アンダーソン・毛利・友常法律事務所)入所 
1997年
Slaughter and May (London)にて勤務(~1998年) 
2002年
アンダーソン・毛利・友常法律事務所パートナーに就任(~現在)
2010年
京都大学法科大学院非常勤講師に就任(~現在) 

主要研究業績

著書

2012年度
  • “New trends in Japan: amendments to TMKs and borrowing by trust, (Asia Pacific)” Global Reference Guide 2012: Real Estate & Construction (Financier Worldwide 2012) 
  •  “Careful consideration needed for Japanese-law securitisations” (IFLR 2012) 
2016年度
  • Investing in real estate in Japan: control and economic rights over investments in the TMK, TK-GK and J-REIT (Corporate Real Estate global guide 2016)
2017年度
  • “The Projects and Construction Review, Japan Chapter (Seventh Edition)” (Law Business Research Ltd. 2017) (共著)
  • 「仕組債に関する証券会社の説明義務」(民商法雑誌 第153巻第1号・2017年)

学外での活動

講演

金融実務に関する各種講演多数

このウィンドウを閉じる

PAGE TOP