非常勤講師

藤原 総一郎

FUJIWARA, Soichiro

LAST UPDATE : 2018.06.28

本務

弁護士(長島・大野・常松法律事務所)

学歴・学位

1996年
東京大学法学部卒業
2003年
コロンビア大学ロースクール卒業(LLM)

職歴

1998年
弁護士登録(第一東京弁護士会所属)
長島・大野法律事務所(現 長島・大野・常松法律事務所)入所
2003年~2004年
Morrison & Foerster LLP(San Francisco)にて勤務
2006年~現在
長島・大野・常松法律事務所パートナーに就任
2008年~現在
上智大学法科大学院非常勤講師に就任
2009年~現在
京都大学法科大学院非常勤講師に就任

主要研究業績

著書

2010年
  • 『M&Aの契約実務』(編著・中央経済社)
2011年
  • 『株式買取請求の法務と税務』(分担執筆・中央経済社)
  • 『エンタテインメント法への招待』(分担執筆・ミネルヴァ書房)
2012年
  • 『論点体系 会社法2―株式会社II』(分担執筆・第一法規)
2014年
  • 『M&Aを成功に導く 法務デューデリジェンスの実務(第3版)』(共著・中央経済社)
2015年
  • 『論点体系 会社法―補巻』(分担執筆・第一法規)
2016年
  • 『公開買付けの理論と実務 第3版』(共著・商事法務)
  • 『アドバンス 会社法』(共著・商事法務)
2017年
  • 『日米欧 個人情報保護・データプロテクションの国際実務』(共編著・商事法務)

論文

2013年度
  • 「東証「MBO等に関する適時開示内容の充実等について」の解説」(共著・ビジネス法務2013年11月号)
2016年度
  • シェアリングエコノミーにおけるプラットフォーム規制(上)(下)」(共著・NBL1072号・1073号)
  • 「金融機関のFinTech戦略と戦略的M&A・業務提携―銀行法改正による規制緩和を踏まえて―」(共著・金融法務事情2016年5月10日号)
2018年度
  • 債権法改正と会社法実務(1)債権法改正と会社法の解釈論への影響(共著・旬刊商事法務 2018年1月25日号(No.2156))
  • 債権法改正と会社法実務(2)債権法改正によるM&A契約実務への影響(共著・旬刊商事法務2018年2月5日号(No.2157))
  • 債権法改正と会社法実務(3)債権法改正による事業譲渡・会社分割の実務への影響(共著・旬刊商事法務 2018年2月15日号(No.2158))

このウィンドウを閉じる

PAGE TOP