教授

鈴木 基史

SUZUKI, Motoshi

LAST UPDATE : 2017.07.01

主要研究テーマ

近年の個人研究は、次の2つのテーマを中心に展開されている。 第1のテーマは、科学研究費補助金基盤研究(A)「グローバル・ガバナンスの変容と国家政策の政治経済分析」(代表:鈴木基史)に関わるもので、貿易、金融、環境等の領域におけるグローバル制度の変更と国家政策との連関を理論的・実証的に分析するものである。第2のテーマは、レトリックなどの交渉戦術を用いた合意形成に関わるゲーム理論的な分析である。

主要研究業績

著書

  • Motoshi Suzuki and Akira Okada, eds., Games of Conflict and Cooperation in Asia, Springer, 2017.
  • Motoshi Suzuki, Globalization and the Politics of Institutional Reform in Japan, Edward Elgar, 2016.
  • 鈴木基史・岡田章編著『国際紛争と協調のゲーム』有斐閣、2013 年

論文

  • 鈴木基史「レトリックの政策決定ゲーム」『国際政治』181号、2015年、15-30頁
  • 鈴木基史「民主主義と立憲主義の合理的選択論―選好構造操作と現代日本政治」『公共選択』62号、2014年、109-127頁
  • Motoshi Suzuki,“Japan’s Structural Reform in the Age of Economic Globalization: The Politics Coordination and Miscoordination,”The Politics of Structural Reforms, edited by Magara and Sacchi, Elgar, 2013, 89-125.
  • 鈴木基史「国際ガバナンスの本質と変容-経済危機を越えて」『レヴァイアサン』50 号、2012 年、8-35 頁
  • 鈴木基史「地球温暖化防止ガバナンスの挫折」『法学論叢』170 巻第4・5・6 号、2012 年、262-296頁

ホームページ

このウィンドウを閉じる

PAGE TOP