教授

二本松 利忠

NIHONMATSU, Toshitada

LAST UPDATE : 2018.06.27

主要研究テーマ

民事裁判実務の観点から民事訴訟手続を研究

学歴・学位

1974年
京都大学法学部卒業(法学士)

職歴

1979年
裁判官に任官(以後、大阪地裁、函館地家裁、東京地裁、奈良地家裁、京都地裁で勤務)
1999年
大阪高裁事務局長
2003年
大阪地裁部総括判事
2005年
最高裁事務総局家庭局長、法制審議会臨時委員、最高裁家庭規則制度諮問委員会委員
2009年
京都家裁所長
2012年
大阪地裁所長
2014年
退官
2015年
京都大学大学院法学研究科附属法政実務交流センター法科大学院準備部門教授
2016年
京都大学大学院法学研究科教授

主要研究業績

著書

2011年度
  • 「戸籍法施行規則60条に定める文字以外の文字である『玻』」の字を子の名に用いることの可否」別冊判夕『平成22年主要民事判例解説』178頁
2013年度
  • 「家事事件手続における手続保障の流れ」田原睦夫先生古稀・最高裁判事退官記念論文集『現代民事法の実務と理論(下)』(きんざい)1126頁
2015年度
  • 「家事調停の過去・現在・未来」調停時報192号39頁

学外での活動

各種学外委員

  • 民事調停委員(大阪簡裁・大阪地裁)

このウィンドウを閉じる

PAGE TOP