准教授

ヒジノ・ケン ビクター レオナード

HIJINO, Ken Victor Leonard

LAST UPDATE : 2018.06.27

主要研究テーマ

これまでは日本の地方レベルの政党制を含む諸制度と住民自治(local democracy)の関係を比較の視座で検証してきた。地方議会における政党政治、 地方議員の党派性、首長と政党の関係、地域政党や新党の地方組織などを対象に分析してきた。今後は住民自治に関係する諸制度の背景にある規範的意識 (normative ideas)における日本と他国の実態を比較していきたい。とりわけ、自治制度改革を正当化・誘導する公的な言説(public discourse)を対象に、 日本・スウェーデン・英国・ドイツなどの事例から地方政治の規範論を整理・体系化していきたい。

学歴・学位

1995年
米国ウェズリアン大学 歴史学部・東アジア研究学部入学
2000年
同 卒業【BA in History and East Asian Studies】
2005年
英国ケンブリッジ大学大学院 東洋学部東アジア研究科修士課程入学
2006年
同 修了【MPhil in East Asian Studies】
2006年
英国ケンブリッジ大学大学院 東洋学部東アジア研究科日本研究 博士後期課程進学
2009年
同 修了【PhD in Japanese Studies】

職歴

2000年
英国ファイナンシャル・タイムズ入社 東京支局特派員
2003年
フリーランス 翻訳業
2010年
日本学術振興会 外国人特別研究員(受入教員:砂原庸介・大阪市立大学法学部准教授)
2011年
慶応義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 准教授
2014年
京都大学大学院法学研究科准教授

主要研究業績

著書

2015年度
  • 『日本のローカル・デモクラシー』芦書房 2015年(単著 石見豊訳)
  • 編著“Regional inequality in 2014: Urgent issue, tepid election” In Robert Pekkanen, Steven R. Reed, and Ethan Scheiner (eds.), Japan Decides 2014: The Japanese General Election. (2015) : Local Politics in Japan New York: Palgrave Macmillan.
2016年度
  • 編著“Selling the Idea of Local Power: Decentralization Reforms Since the 1990s”in Gill Steel (ed.) Power in Contemporary Japan, (2016) New York: Palgrave MacMillan. pp. 219-237.
2017年度
  • Local Politics and National Policy: Multilevel Conflicts in Japan and Beyond. (2017) Abingdon and New York: Routledge.
2018年度
  • 編著“Intergovernmental Relations in Japan: Local Government Participation in National Policy Making” in Farazmand, A. (ed.) Global Encyclopedia of Public Administration, Public Policy, and Governance (2018) Springer Link.

論文

2012年度
  • “Intra-party conflicts over gubernatorial campaigns in Japan: Delegation or franchise?” Party Politics(2012). Published online first: April 11th, 2012. Vol. 20 (January 2014), 78-88
2013年度
  • “Liabilities of Partisan Labels: Independents in Japanese Local Elections.”Social Science Japan Journal16.1 (2013): 63-85.
  • “Delinking National and Local Party Systems: New Parties in Japanese Local Elections.”Journal of East Asian Studies13.1 (2013): 107-135.
  • 「地方政党の台頭と地方議員候補者の選挙戦略―地方議会議員選挙公報の分析から」(砂原庸介と共著)『レヴァイアサン』53号(2013年)
2015年度
  • “Bamboo shoots and new roots: Organizational expansion of new parties in Japan”Japanese Journal of Political Science(2015)
2016年度
  • “Local Politics in Japan: The Old Guard Strikes Back” Asian Survey56, no. 5 (2016): 879-904
2018年度
  • “Party Ideologies and Regional Inequality: An Analysis of Party Manifestos in Japan” co-authored with Winkler, C. [発行確定] Asian Studies Review

このウィンドウを閉じる

PAGE TOP