文字サイズ      

西谷 祐子(にしたに ゆうこ)教授

現在の研究テーマと最近の活動 グローバル化の中での法規範の多元化と国際私法の方法論の変容に関心をもっており,主として国際家族法及び比較家族法,国際契約法,そして私法統一について研究している。また,「国際的な子の奪取に関するハーグ条約」の運用について比較法的観点から検討しているほか,ハーグ国際私法会議の判決プロジェクト(外国判決の承認執行に関する条約)及び代理出産作業部会の検討作業に携わる中で,各々のテーマについて研究を進めている。
最近5年間(平成22年度〜平成27年度)の研究成果 @著 書
・櫻田嘉章・道垣内正人編『注釈国際私法〔第1巻〕』(2011年,有斐閣)(執筆担当:@第3章第1節〔法人および外人法規制〕, A同第2節第11条〔消費者契約の特例〕,B同第4節第17条〔不法行為〕,C同第20条〔明らかにより密接な関係がある地がある場合の例外〕 。

A論 文
●平成28年度
・「当事者自治の現代的意義——『国際商事契約の準拠法選択に関するハーグ原則』をめぐって』——」国際私法年報17号(2015年)2-40頁。
・「国際商事契約の準拠法選択に関するハーグ原則」NBL1072号(2016年)23-34頁。
・“Bericht über Japan”, in: Martin Gebauer/Stefan Huber (Hrsg.), Familienrechtliche Freiräume, ihre Grenzen und kultureller Wandel (forthcoming 2016).
●平成27年度
・“Proof of and Information about Foreign Law”, in: Martin Schauer/Bea Verschraegen (eds.), General Reports of the XIXth Congress of the International Academy of Comparative Law (forthcoming 2016).
・“Lawmaking in Japan”, in: Reinhard Zimmermann (ed.), Legislators, Judges, Professors (forthcoming 2016).
●平成26年度
・“Mancini” and “Kinship and Legitimation”, in: Jürgen Basedow/Franco Ferrari/Pedro de Miguel Asensio/Giesela Rühl (ed.), European Encyclopedia of Private International Law (forthcoming 2016).
・“The Legal Status of Transsexual and Transgender Persons in Japan”, in: Jens M. Scherpe (ed.), The Legal Status of Transsexual and Transgender Persons, (Cambridge 2015), pp. 363-390.
・“Global Citizens and Family Relations”, in: Erasmus Law Review Vol. 7, Issue 3 (2014) (“The Role of Private International Law in Contemporary Society: Global Governance as a Challenge”), pp. 134-146.
・“Familienrecht in Ostasien ― Tradition und Moderne in Japan und der Republik Korea ―”, in: Festschrift für Dieter Martiny zum 70. Geburtstag, hrsg. von Witzleb et al. (Tübingen 2014), pp. 1179-1200.
・“Kindschaftsrecht in Japan ― Geschichte, Gegenwart und Zukunft ― ”, in: ZJapanR/J. Jap. L. 37 (2014), pp. 77-108.
●平成25年度
・“Die internationale Zuständigkeit Japans in Zivil- und Handelssachen”, in: IPRax 2013, pp. 289- 295.
・“International Jurisdiction of Japanese Courts in Comparative Perspective”, in: Netherlands International Law Review 60 (2013), pp. 251-277.
・「子どもの自己決定権に関する−考察―ドイツの割礼事件をめぐって―」『労働法と現代法の理論・西谷敏先生古稀記念論文集(下)』 (日本評論社,2013 年) 205-227 頁。
●平成24年度
・“State, Family and Child in Japan”, in: Confronting the Frontiers of Family and Succession Law. Liber Amicorum Walter Pintens, Cambridge et al. 2012, Vol. 2, pp. 987-1007.
・“Wann sind die Gerichte in Japan zuständig? ― Einführung zu den neuen internationalen Zuständigkeitsregelungen ―”, in: ZJapanR/J. Jap. L. 33 (2012), pp. 197-204.

B判例評釈
・「詐害行為取消権の準拠法」ジュリスト1492号(2016年)(平成27年度重要判例解説)296-297頁。
・櫻田嘉章・道垣内正人編『国際私法判例百選(第二版)』(2012年)(「外国法の適用違背と上告―最高裁平成20年3月18日判決」「平和条約と国籍―最高裁平成16年7月8日判決」を執筆)。

 Cその他
・「価値の相対性と普遍性」ケース研究巻頭言(2016年掲載予定)。
・「非訟事件の国際裁判管轄に関する調査研究報告書」(EU,ドイツ,オーストリアに関する比較法並びに準拠法と外国非訟裁判の承認執行の箇所を執筆担当)(2014年:法務省ウェブサイトにて公表:http://www.moj.go.jp/content/000119005.pdf)。
・「人事訴訟事件等の国際裁判管轄に関する外国法制等の調査研究報告書」(ドイツ法及び夫婦財産制・扶養義務・相続の個別事項を執筆担当)(2012年:法務省ウェブサイトにて公表:http://www.moj.go.jp/content/000103358.pdf)。

D学外での活動
・ハーグ国際私法会議・判決プロジェクト研究会委員及び特別委員会政府代表(起草委員)
・ハーグ国際私法会議・代理出産プロジェクト担当
・国際法学会・研究企画委員会幹事
・国際私法学会・研究企画委員会委員
・日本国際経済法学会・理事及び研究企画委員会委員
・Japanese Yearbook of International Law編集委員
・Zeitschrift für Japanisches Recht/Journal of Japanese Law編集委員
・Netherlands International Law Review企画委員