京都大学大学院法学研究科・法学部
 

  法学部卒業生からのメッセージ

木村 宏 (1976年卒業) 
   日本たばこ産業株式会社 特別顧問

  

  【職 歴】
  1976年  日本専売公社(現 日本たばこ産業株式会社)入社
  1999年  日本たばこ産業株式会社 経営企画部長
  同年    JT International S.A. Executive Vice President
  同年    日本たばこ産業株式会社 取締役
  2001年  退任
  2005年  取締役
  2006年  JT International S.A. Executive Vice President退任
  同年    日本たばこ産業株式会社 代表取締役社長
  2012年  取締役会長
  2014年  特別顧問


【メッセージ】
 法学は最初は取っつきにくい学問です。自動車教習所での第1段階で感じたのと同じく、教養課程で法学に初めて接した際には、自分は学部を間違えたのではないかと 真剣に悩んだほどです。ただ最初の壁を乗り越え、法的な考え方の基本フレームを手にした後は、比較的スムースに溶け込むことができたように思います。 このようにして一旦身に着け骨肉化したいわゆるリーガルマインドは容易に忘れてしまう性質ではないだけに、その後今日までの私のJTマンとしての社会人生活を 大きく支えてくれました。
1985年の専売公社民営化の際は立法化という法律関係の業務に直接携わり、その後国境を越えた大型M&A時の契約交渉などもこなしてきましたが、 法的に考える力をベースにそれをグローバルに応用する醍醐味を味わったように感じています。
 ビジネスとは、変わりゆく環境の中でリスクテイクすることです。リスクを取らなければリターンも期待できません。実業の中で足跡を残すためにも 幅広い基礎教養が前提ではありますが、リーガルマインドは重要な武器となることを確信しています。