京都大学大学院法学研究科・法学部
Home > 法友会 > 活動内容

 

  法友会

活動内容

○活動概要

1.総会・懇談会 (4月)    世話人会が全会員に通知し開催
2.会報誌発行  (8月)   世話人会にて作成、全会員に送付
3.各 種 案 内  (通年)   入会案内、総会案内、アルバム購入案内等
4.世 話 人 会  (通年)   上記1〜3の活動の前後、年5回開催。活動報告、会計報告、教授との懇親等を行う

○総会・懇談会

法友会の活動の柱である総会ならびに懇談会は、例年入学式当日の午後に開催されます。
ここでは、法友会があらかじめ会員の皆さまから取りまとめた質問への回答も含めて、法学部の先生方が次のような テーマについて具体的にお話しくださいます。
・大学の現況、教育方針、カリキュラム 
・司法試験や公務員試験等の国家試験についての最新情報  
・法科大学院や公共政策大学院への進学情報  
・学業成績や単位取得についての注意点 
・留年問題  
・就職状況等  
 また、出席した会員の皆さまからの質問に先生方に直接お答えいだだく質疑応答の時間も設けており、大変有意義な場と好評をいただいております。

 

○会報誌の発行、その他のご案内
 会報誌は、昭和27年の第一回懇談会から、毎年欠かすことなく発行され続け、今日に至っています。     
 会報誌には、懇談会の内容の詳細を中心に、大学ホームページではご覧いただけない、法学部卒業生の就職・進路状況の詳しい情報なども 掲載されています。  
 会員の皆さまには、毎年、会報誌と懇親会等のご案内をお送りしております。その他、有信会*より3回生・4回生の学生に送られる ゼミの卒業アルバム購入のご案内も、法友会の会員の方のみ保護者様にもいたします。                         

【表紙題字のご揮毫】  
第1号から第69号までの「京大法學部父兄懇談会報」は、平沢興先生(元京都大学総長)がご揮毫。
会の名称変更に伴い、第70号からは、 奥田昌道先生(元 京大法学部長、最高裁判所裁判官)ご揮毫の「京大法学部法友会会報」に変更となりました。

 

*有信会…京都大学法学部・大学院法学研究科の卒業生、学生、教員からなる親睦団体で、在学生も含めた同窓会組織。