京都大学大学院法学研究科・法学部
Home > 法政理論

  大学院法政理論専攻

法政理論専攻では、広い視野に立って精深な学識を修め、法学・政治学分野における研究能力を養うことを目的として、 原理的問題と現代社会への関心を兼ね備えた国際的発信力ある研究者としての修養を積む教育が行われています。それぞれの研究テーマに関する論文指導が重視され、 密度の濃い相互の研究報告・討議を通して、優れた研究者に求められる各種能力が研磨されてゆくことになります。 法政理論専攻の修了者には、内外の研究・教育機関で研究者として活躍する途が開かれています。