京都大学大学院法学研究科・法学部
Home > 法政理論 > 入学者選抜

  入学者選抜

★熊本地震に係る入学検定料免除の対応について

本学では「平成28年熊本地震」により被害に遭われた方々で、入学を志望される方の「入学検定料」を免除することがあります。 詳細につきましては、教育推進・学生支援部入試企画課(tel:075-753-2521)までご連絡をお願いします。

  

◇修士課程 (研究者養成コース)

教育目標と学生受入方針

法政理論専攻修士課程(研究者養成コース) は、法学政治学の分野について、広い視野に立った学識を修めるとともに、みずから課題を定めて研究を行い、 その研究成果を論文にまとめる能力を培うことを主な目的とする。
 本研究科の教育と研究の理念と目的に沿って設定された修了要件を満たし、高い倫理性と強固な責任感を持った研究者・教育者となり うる人材を受け入れるために、法学政治学に関する専門的な学識や外国語文献の読解能力を問う筆答試験、研究者としての資質を直接 に確認するための口述試験等を組み合わせた総合的な方法により選抜を行う。

平成29年度(2017年度)法学研究科法政理論専攻 修士課程(研究者養成コース) 学生募集要項(PDF)

願書等は、専用様式を取り寄せて頂く必要があります(本ホームページからはダウンロードできません)。
取り寄せ方法については、募集要項の最終頁にてご確認ください。 

  

◇修士課程 (研究者養成コース) 外国人特別選抜

教育目標と学生受入方針

法政理論専攻修士課程は、法学政治学の分野について、広い視野に立った学識を修めるとともに、みずから課題を定めて研究を行い、 その研究成果を論文にまとめる能力を培うことを主な目的とする。
 本研究科の教育と研究の理念と目的に沿って設定された修了要件を満たし、高い倫理性と強固な責任感を持った研究者・教育者となりうる人材を受け入れるために、法学政治学に関する専門的な学識や語学能力を問う筆答試験、研究者としての資質を直接に確認するための口述試験等を組み合わせた総合的な方法により選抜を行う。

平成28年度(2016年度)京都大学大学院法学研究科 法政理論専攻 修士課程 外国人特別選抜要項(PDF)

願書等は、専用様式を取り寄せて頂く必要があります(本ホームページからはダウンロードできません)。
取り寄せ方法については、募集要項の最終頁にてご確認ください。 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◇修士課程 (先端法務コース)

教育目標と学生受入方針

法政理論専攻修士課程(先端法務コース)は、企業法務を中心とする先端的な法的問題に対応できる高度な調査能力と分析・判断能力 を備えた専門家として活躍することができる人材を養成することを主な目的とする。
   本コースでは、企業等の法務に従事する職業人(弁護士を含む)や、企業法務などに関心のある大学学部卒業生や外国人留学生など、 企業活動を取り巻く先端的な法的問題への高い対応能力の習得を目指す多様な人材を受け入れるために、専門的な学識を問う筆記試験 や口述試験等を組み合わせた総合的な方法により選抜を行う。

※本コースは、本研究科博士後期課程への進学を前提としたものではないことに予め留意すること。

※※本コースへの出願においては、本コースが企業法務などに携わる高度専門職業人の養成を主たる目的としており、研究者養成コースのように法学・政治学の専門学術的かつ論理的な教育を主眼とするものではないことに十分注意すること。


平成29年度(2017年度)法学研究科法政理論専攻 修士課程(先端法務コース) 学生募集要項(PDF)

願書等は、専用様式を取り寄せて頂く必要があります(本ホームページからはダウンロードできません)。
取り寄せ方法については、募集要項の最終頁にてご確認ください。 


平成29年度(2017年度)法学研究科法政理論専攻 修士課程(先端法務コース) 研究計画書(様式) (WORD)

平成29年度(2017年度)法学研究科法政理論専攻 修士課程(先端法務コース) 推薦書(様式) (WORD)

◇修士課程(先端法務コース)外国人特別選抜

教育目標と学生受入方針

法政理論専攻修士課程(先端法務コース)は、企業法務を中心とする先端的な法的問題に対応できる高度な調査能力と分析・判断能力 を備えた専門家として活躍することができる人材を養成することを主な目的とする。
   本コースでは、企業等の法務に従事する職業人(弁護士を含む)や、企業法務などに関心のある大学学部卒業生や外国人留学生など、 企業活動を取り巻く先端的な法的問題への高い対応能力の習得を目指す多様な人材を受け入れるために、専門的な学識を問う筆記試験 や口述試験等を組み合わせた総合的な方法により選抜を行う。

    ※本コースは、本研究科博士後期課程への進学を前提とした ものではないことに予め留意すること。

平成28年度(2016年度)京都大学大学院法学研究科 法政理論専攻 修士課程 先端法務コース 外国人特別選抜要項(PDF)

願書等は、専用様式を取り寄せて頂く必要があります(本ホームページからはダウンロードできません)。
取り寄せ方法については、募集要項の最終頁にてご確認ください。 

   

◇博士後期課程

教育目標と学生受入方針

法政理論専攻博士後期課程は、法学政治学の分野について、みずからの研究計画に基づいて博士論文を完成させるとともに、 原理的問題と現代社会への関心を兼ね備えた国際的発信力ある人材となるための高度の研究能力を涵養することを主な目的とする。
 本研究科の教育と研究の理念と目的に沿って設定された修了要件を満たし、高い倫理性と強固な責任感を持った研究者・教育者となりうる人材を受け入れるために、法学政治学に関して高度の研究を遂行するにふさわしい豊かな素養と能力を備えた者を選抜する。

平成28年度(2016年度)京都大学大学院法学研究科 法政理論専攻 博士後期課程 編入学 学生募集要項(PDF)

願書等は、専用様式を取り寄せて頂く必要があります(本ホームページからはダウンロードできません)。
取り寄せ方法については、募集要項の最終頁にてご確認ください。 

平成28年度(2016年度)京都大学大学院法学研究科 法政理論専攻 博士後期課程 研究計画(様式) (WORD)

◇博士後期課程(外国人特別選抜)

教育目標と学生受入方針

法政理論専攻博士後期課程は、法学政治学の分野について、みずからの研究計画に基づいて博士論文を完成させるとともに、原理的問題と現代社会への関心を兼ね備えた 国際的発信力ある人材となるための高度の研究能力を涵養することを主な目的とする。
  本研究科の教育と研究の理念と目的に沿って設定された修了要件を満たし、高い倫理性と強固な責任感を持った研究者・教育者となりうる人材を受け入れるために、 法学政治学に関して高度の研究を遂行するにふさわしい豊かな素養と能力を備えた者を選抜する。

平成28年度(2016年度)京都大学大学院法学研究科 法政理論専攻 博士後期課程 外国人特別選抜要項(PDF)

願書等は、専用様式を取り寄せて頂く必要があります(本ホームページからはダウンロードできません)。
取り寄せ方法については、募集要項の最終頁にてご確認ください。 

◇法学研究科科目等履修生

平成28年度 法学研究科科目等履修生出願要項(PDF)

◇法学研究科聴講生

平成28年度法学研究科聴講生出願要項(PDF)

◇法学研究科研究生

研究生とは、特定事項についての研究を志望する者につき、法学研究科において支障のない限りにおいて 、法学研究科教授会の決議を経て入学を許可するもの。

外国人の方で、研究生としての受入れを希望する者は、「京都大学大学院法学研究科研究生出願要項」を参照の上、下記の留学生担当まで 、Eメールで連絡すること。

※留学生担当のEメールアドレス:ryugaku◎law.kyoto-u.ac.jp

※スパムメール対策として、メールアドレスの一部を置き換えておりますので、メールを送信される際には、「◎」を「@」に書き換えて送信してください。

  なお、中国大陸、香港、台湾の大学を卒業した志願者は、下記のホームページを確認し、留学生課AAO担当で照会手続きを行なってください。
・京都大学HP―中国大陸、香港、台湾の大学を卒業した方への入学案内
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/education/international/students1/ku-aao.htm/

平成28年度(2016年度)京都大学大学院法学研究科研究生出願要項(PDF)